あなたの脳のしつけ方

おすすめの本

目からウロコの「実践」脳科学
「脳」は意外と簡単にできています。こう刺激すれば、こう反応するというお決まりのパターンがあります。まるで筋肉を動かすように、脳を思いどおり動かせばもっと人生が豊かになるはず

中野信子

脳科学的に正しい努力を楽しくする方法について解説していきます

結論
努力するには気合根性よりも脳の仕組みを理解し、脳を騙してあげる事が大事
具体的には、努力をゲーム化することで努力が楽しくなる

  1. そもそもなぜゲームは楽しいのか
  2. 努力をゲーム化する方法
  3. ゲーム化以外の3つのコツ

なぜゲームが楽しいのか?

ゲームが楽しい理由は脳の報酬型を働かせるための設計が素晴らしいからです

報酬系とは、何かを達成したときに快楽を得ると言う脳の仕組みのことです

例えば学校のテストで良い成績を取る、仕事で成果を上げるみたいな時に脳ではドーパミンと言う脳内物質が分泌されて私たちは快楽を得ています

このような脳の仕組みを報酬型といいます

そして大ヒットするゲームはこのドーパミンを放出する設計がとても優れている特徴があります

皆さんはポケモンとかドラクエって知っていますか??

この2つのゲームの特徴として敵を倒す瞬間や成長が数字でわかりやすく見えます

ポケモンで言うとポケモンのレベルが上がっていくのが数字で確認できるので
達成感や成長を感じやすくドーパミンが簡単に分泌されます
しかもポケモンはレベルが上がると単に強くなっていくだけでなく新しい技を覚えたり進化してより強そうな見た目に変わったりもします

このような成長を目に見えて数字でわかると言うだけでなく四天王というラスボスがいて
そこに行くためにはジムリーダーという中ボスを倒さないといけませんよね

この絶妙な設定こそ脳が大好きな報酬系というものです

たけし
たけし

だから仕事とか勉強はすぐ飽きるのに

ゲームは何時間でも飽きないでできるのか!

ぼく
ぼく

そうだよ!

今回はこの「脳の性質」を利用して効率よく

楽しく努力する方法を紹介していくね!

努力をゲーム化する方法

努力をゲーム化するためには自分で大ボス中ボス雑魚敵を設定してそれを倒していくことです

敵を倒すぞ〜!
敵を倒すぞ〜!!

敵の設定の仕方としては数字で設定することがポイントです

例えば〇〇大学に合格するとか、〇〇の資格を取るとか目標があるとします

その時合格というのが大ボス、定期的に行われる模擬試験が中ボス
その対策のための問題集が雑魚敵になりますそしてこれらの敵を数字で設定することが大事です!!

合格のためには何点必要なのか?←大ボス

じゃあ5月の模試、8月の模試では何点取っておく必要があるのか?←中ボス

そのために問題集はどのくらいのペースで1日何ページ進める必要があるのか?←雑魚敵

ということを明確に設定します

数字で倒すべき敵を明確にすることでゲーム性を上げることができます

たけし
たけし

そんな事いっても仕事は仕事だし

勉強は勉強じゃん、、(笑)

ゲームみたいに楽しくなれないよ!!

ぼく
ぼく

たしかに言いたい気持ちはすごいわかるよ!

でも努力を楽しむにはゲーム性を高めることが重要なんだ!

自分をゲームの主人公だと思ってみるのもいいかもね〜!!

努力を続けるためには気合や根性よりも上手な課題設定の方が重要です

自分が作ったゲームを進めていくうちに脳がドーパミンを出すのが上手くなっていき
脳に勝ち癖と言うものがついていくのでやればやるほど努力が楽しくなっていきます!
まずは自分の目標を達成するために必要な大ボス、中ボス、雑魚敵を設定してみましょう〜!

ゲーム化以外の3つのコツ

ゲーム化以外の3つの努力のコツを紹介します

先に結論を言うと

上手にご褒美を設定すること

ネガティブエネルギーを利用すること

周りの人を巻き込むこと

では1つずつ詳しく説明していきます

上手にご褒美を設定すること

ご褒美には2種類あります

1.目標達成した先にあるメリット
2.途中途中に自分で自分に与えるご褒美

目標達成した先にあるメリット

 年収が上がれば生活の質が上がるとか痩せてかっこよくなれば今よりモテるようになる
みたいな達成後のメリットのこと!
 このような目標達成後のメリットを具体的にわかっていることで努力が楽しくなります 

途中途中に自分で自分に与えるご褒美

中ボスを倒せたらおいしいご飯を食べに行く!プチ旅行に行く!みたいな感じで
自分にご褒美をあげるという方法
最終的な大ボスまでの道のりが遠い場合には特にこの方法は有効です
途中の中ボスを倒すたびにちょっとしたご褒美を自分に与えることでモチベーションを保つことができます

ネガティブエネルギーを利用する

努力することについてはポジティブな理由よりもネガティブな理由の方が原動力になりやすいことがわかっています

たけし
たけし

あの人だけには営業成績で負けたくない!

上司がうざくてしょうがないから成果を出して黙らせたい!!

ぼく
ぼく

ぼくも虫を捕まえるのはだれにも負けたくない!!

こんな感じでネガティブな感情の方が努力するための原動力になりやすいので
もしそういう感情が湧いたらラッキーです!

自分からネガティブな状況を作るのは難しいかもしれませんが
こいつにだけは負けたくないみたいな存在を作るくらいなら実践できると思うので身近にいる人をかってにライバルにしていてください(笑)

周りの人を巻き込む

例えば同じような目標に向かって頑張っている友達と切磋琢磨したり
自分はいついつまでに〇〇と言う目標を達成する!!と家族や友人に公言したみたり

一緒に競いながら頑張るライバルがいるとびっくりするぐらい頑張れちゃう

これが人間というものです

たけし
たけし

たしかに俺がダラダラしているこのときも

みんな頑張っているのかなぁ

あいつも頑張ってるから俺も頑張ろう!とかこいつにだけは絶対負けたくないと言う気持ちは努力における大きな原動力となります

また周りの人に自分の目標を言っておくこともとても有効です
周りに公言しちゃうことで達成できなきゃダサイし口だけの人に思われたくないと言う気持ちが原動力になります

直接言うのは恥ずかしいってい人はTwitter等でつぶやくことから始めるのもいいかもですね!

まとめ

そもそもなぜゲームが楽しいのか?

ゲームは脳の報酬型と言う仕組みをうまく働かせるすごい設計だから
この設計を自分の目標から逆算して組み立てることができれば努力が楽しくなります

努力をゲーム化する方法

それは大ボス、中ボス、雑魚敵を数字で設定すること!
努力をするには上手な課題設定がすごい大切!

ゲーム化以外の3つのコツ

3つのコツは
上手にご褒美を設定すること
ネガティブエネルギーを利用すること
周りの人を巻き込むこと

努力するには気合根性よりも脳の仕組みを理解し脳を騙してやることのほうがずっと大事です

ぜひ効果的に努力をゲーム化して脳に勝ち癖をつけることで目標達成していきましょう!!

今日の知識が少しでも皆さんの人生の役に立てれば嬉しです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました